食べ過ぎが原因で起こる胃もたれ

胃もたれの症状は食べ過ぎが原因の場合が多々あります。腹八分目を目安に食べ、夜食はなるべく控えましょう。

食べ過ぎが原因で起こる胃もたれ

食べ過ぎが原因で起こる胃もたれ 朝、起きた時や食後しばらくすると胃がもたれて苦しいという人もたくさんいるのではないでしょうか?胃もたれとは胃の働きや胃酸の分泌の低下などによって食べた物がスムーズに消化されず、長い間胃の中に留まっている状態の事を言います。その為、胃痛や腹部膨満感、吐き気などの症状も並行して現れる事もあります。加齢による胃腸機能の低下やストレス、何らかの病気が関係しているなど原因は様々考えられますが、中でも意外と軽く見られがちなのが食べ過ぎが原因のパターンではないでしょうか?

毎回の食事は適量を守って食べている分には問題ないのですが、一度に大量の食べ物を食べてしまった場合や、三回の食事にプラスしておやつや夜食を毎日食べていては、胃は常にフル稼働して働く事になってしまいます。その為、疲れが溜まって消化不良や胃酸分泌の低下など胃もたれになりやすくなってしまいます。胃もたれを防ぐ為にも、日頃から食べ過ぎは控えるようにしましょう。食事の際には、良く噛んで腹八分を意識するようにし、おやつを食べる時は、お昼間にするなどして夜遅く食べるのは極力止めるようにしましょう。夜遅くに食べてそのまま寝てしまうと、翌日胃もたれになる原因に繋がってしまいますよ。
Copyright (C)2015食べ過ぎが原因で起こる胃もたれ.All rights reserved.